痩せているひとはできやすい?妊娠線はどのような人にできやすいのか?

私が妊娠線に気づいたとき

私自身の話になりますが、私はどちらかと言えばぽっちゃりしたタイプ。
お腹に限って言えば乾燥肌でもないため、一人目の妊娠時でも、妊娠中期までは妊娠線についてあまり注意をしていませんでした。
もともと妊娠線は、おなかが大きくなり始める妊娠5ヶ月ほどから出来始めるいうことは知っていたので、市販のクリームを購入し、たまに気が向いた時に塗ってみるといったような感じでした。
妊娠8ヶ月頃まで仕事をしていましたが、おなかが目立たないタイプのため周りにもびっくりされることもあり、その頃には自分でも「私はおなかが大きくならないタイプなんだ」「妊娠線とは無縁かも」と思うようになりました。
体重増加にも気をつけていましたが、仕事を退職してからが大変でした。
妊娠中の体重増加は、多くのママさんにとって後期が勝負です。
私はつわりで減った体重はとっくに中期に取り戻しているのに、食べたいものが増えて仕方なくなってしまいました。
通っていた病院が緩めの指導なのをいいことに、自由に使える時間でお菓子を購入したり、外食したり。
「赤ちゃんが生まれたらしばらく行けなくなる」を合言葉に焼肉やらパフェやらを食べていました。
私がそんな自分の妊娠線に気づいたのは臨月に入ってからです。

お腹が大きくなると気になる妊娠線私が妊娠線に気づいたとき急激な体重増加には注意が必要