痩せているひとはできやすい?妊娠線はどのような人にできやすいのか?

お腹が大きくなると気になる妊娠線

初めての妊娠でお腹が大きくなるにつれ、外見についてで気になってくるのが妊娠線のこと。
大きくなったおなかにひび割れのように入る妊娠線は、一度できると薄くなることはあっても消えることはないと言われているので、どんなママもできれば避けて通りたいものですよね。
気になるのはそんな妊娠線は、どのような人にできやすいのか?私も子どもを二人出産しているので、体験談も交えてお話していきたいと思います。
妊娠線は、双子ちゃんなどの多胎妊娠の方、経産婦、皮下脂肪が多い方、痩せ型の方、乾燥肌の方、そして高齢出産の方にも多いと言われています。
妊娠線ができる理由は、おなかが大きくなることによる急速な表皮の伸びに、神秘や弾性繊維がついていけず断裂してしまうことによって起こります。
多胎妊娠は赤ちゃんが複数なのでお腹の伸びが大きく、痩せ型の人はもともとの皮膚が少ない。
乾燥肌の人は皮膚の弾性が少なくなってしまっているなど、妊娠線のできるメカニズムを聞けばその理由には納得です。
しかし、もともとこれらの要素がない方でも、妊娠線については注意しなければなりません。

大ショック!一度できた妊娠線は消えない?!
対策をはじめるべき時期と予防方法

妊娠線ができないようにするコツを紹介しています。

http://t.co/dHPKyLhlM3

— ぜろ@通信規制 (@yx2p) August 17, 2015

お腹が大きくなると気になる妊娠線私が妊娠線に気づいたとき急激な体重増加には注意が必要

妊娠線はどのような人にできやすいのか? / 妊娠線の予防とケアの方法